1.児童発達支援

事業内容

児童発達支援とは、小学校就学前(6歳)までの発達に遅れや心配がある子どもが通い、支援を受けるための児童福祉施設です。日常生活の自立支援や機能訓練を行ったり、保育園や幼稚園のように遊びや学びの場を提供したりといった支援を目的にしています。
●児童発達支援の対象は?
支援が必要であると認められた、未就学の発達に遅れのある子どもが対象です。
(乳幼児健診などで療育の必要があると認められた場合、発達の特性に合った専門的な療育・訓練が必要と認められた場合など)

お問い合わせ

子育てやご利用についてなど、
どうぞお気軽にお問い合わせください。